韓国昼ごはんの定番 「ちゃんぽん」 짬뽕

今日の夕御飯は「ちゃんぽん」 짬뽕を食べて来ました。
韓国で昼ごはんの定番ですね。 (って夜食べてますけど・・・・)
昼もよく食べます。

20170215_185627.jpg
見た目どおり 辛いです。 いい色してますでしょ?(笑)
辛さもお店によっては選べれる所もあります。(ちなみにこの店も選べます。これはレベル1一番辛く無いものです。)

20170215_183618.jpg
お店の名前は「ベイジン」 北京 です。
龍仁(ヨンイン)の 古陳(コジン)駅のすぐ後ろにあります。
今日はここに6人で来て、晩御飯です。(仕事終ってないのでお酒は飲めませんでした ><)
(LEDで色鮮やかですが そういうお店では有りません・・・・)

20170215_184600.jpg

20170215_184604.jpg
まずはお約束の「タンスユ」 日本で言う酢豚ですね。
韓国の酢豚は、すっぱくないところが多いです。 そもそも 韓国のお酢 飲む酢以外はすっぱくないし
なので 味は甘い系のたれになっています。
熱くていつもやけどします。・・・・

20170215_185151.jpg
これも韓国ではよくある?(田舎だからか?) サービスで今日は「マンドゥ」 ギョーザが出て来ました。
これもめちゃ熱いです・・・・・
置くところがなかったので、食べたタンスユを端に寄せて、その皿に入れちゃいました。

20170215_185627.jpg
今日のメインのちゃんぽんです。
ここで、もちろん日本にもちゃんぽん(長崎ちゃんぽん)がありますが、韓国のこれは似ても似つかない味になっています。
(見た目から違うし・・・・)
唯一同じところは、海鮮系が色々入っているところと、生めんを使っているところくらいです。

今でこそちゃんぽんは辛いですが、昔1970年代頃までは、韓国のちゃんぽんも日本と同じ辛くなかったそうです。
その頃に、辛い味付けにして ちゃんぽんを作ったところ それが流行って 辛くないちゃんぽんは主流ではなくなったそうです。
韓国人辛い物好きですからね~~ 韓国らしいといえば 韓国らしいです

20170215_190050.jpg
ちゃんぽんのお店はたくさんありますが、ここは手打ち麺です。 見てくださいこの麺の太さの違い(^^!)
ここまで違うと 手打ちかどうか疑う気持も失せますね。
でもこの麺の太さの違いが、うまいんです。 食べた時の感触が全く違うので、とてもいい感じです。

20170215_185935.jpg
他の人が頼んだものも 写真に撮らせてもらいました。
これは、「ペッチャンポン」主流で無くなった 辛くないチャンポンです。韓国語で「ペッ」は白 なので 白チャンポンです。
お店によっては時々このメニューがあります。

20170215_190230.jpg
「ポックンパッ」 焼き飯 も頼みました。 じゃじゃ麺のたれが付いてきてます。

20170215_190510.jpg
オムライスみたいになっている卵をわるとこんな感じ。ご飯でしょ
これをじゃじゃ麺のたれをつけて食べます。 香ばしい感じでとっても美味しかったです。

韓国には5大チャンポンと言うのがあり、有名な店が5つあります。
そのうち3つまでしか食べていませんが、そのうち機会があればアップしたいと思います。


にほんブログ村と人気ブログランキングに参加しました

「ぽちっと」よろしくお願いします。 




旅行・観光 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comments 0